忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

gooとかいうところ

http://www.goo.ne.jp/
このページを開いていただきたいんだけど、何がしたいのか全然わからなくない?
ちっこい文字ばかり並べて、どこがどこでどう区切られてるのかも分かりにくく
雑然としていて、見ているだけで疲れてくる。
PR
AKB48丸坊主事件

---- 前置き ----
薙はクイズマジックアカデミーの芸能問題は0点を取らないほうが珍しいレベルで
芸能に疎いです。芸能に疎いある人間の視点ではこう写った、と捕らえてください。
専門的なことはわかりません。今朝ニュースで見たばっかだし。

----

AKBのアイドルが坊主頭だって!

---- ことの顛末 ----

AKB48の峯岸みなみさんが、ある男性と一夜をともにした場面を週刊誌に報じられた。
AKB48は恋愛禁止というルールがあり、AKB48のスターティングメンバーでもあった
彼女はひどく責任を感じ、独断で頭を丸坊主にし、Youtubeに謝罪の動画をうpした。
動画では、「反省しているのでAKB48に残らせて欲しい」と泣いていた。
本日付で、事務所から「AKB研修生に降格」との判断が告知された。

---- アイドルとして ----

恋愛禁止ねぇ・・・
薙はアイドルについて詳しくないからわからないけど、過去のアイドルたちは
男とデキたらタレントに転向するとかそういう感じだったんかな?
それでなくても、夜に男と抱き合って腰を振ってる女が
アイドル名乗るのはファンが許さないんじゃなかろうか?とも思うし、
となると結果的にAKBが明言しようがしまいが恋愛はできなかったわけだ。
アイドルであり続けるのなら。

ようするにAKBが恋愛禁止を明言したのは
「うちのアイドルは特定の男と付き合ったりしない清楚なメンバーばかりなんですよ、
すごいでしょう、えらいでしょう」
と言いたいんではないかと。
芸能人が結婚するときに事務所だかなんだかが「妊娠はしてません」と
付け加えることがあるけど、あれも「できちゃった婚ではないんですよ、えらいでしょう」
と言いたいんではないかと。
つまり、あたりまえのことを自慢しているだけだ。

だからまぁルールがあってもなくてもアイドルである以上恋愛はできないわけだけど、
薙は知っている、ルールが存在すること自体に意味があることもあるということを。

---- しかし、あんなかわいい子たちが恋愛禁止ってのは・・・ ----

女の子だもの恋愛くらいするじゃない。
だいたいおかしくねえ?だって恋愛の歌歌ってんじゃん。恋愛したことないくせに。
想像で歌ってんの?歌詞と音程だけ合わせて?ボカロ?

そんなはずはない。
アイドルってのはつまり処女崇拝というか。宗教的な、
「男女の交わりはけがれ。男を迎えたことのない女はけがれのない存在」
として神聖視する考え方が根本にあるんではなかろうか?

もっと俗っぽい形で言えば
「あなたがたがどんなに望んでも手に入らない天使か女神のような存在なのです」
というのが恋愛禁止の言いたいことであり、それを破るということは
「現実には手に入らない存在」から「ただの女」になったということだ。
「彼女にしちゃえる女」に堕したのだ。

上に書いた「現実には手に入らない存在」ってのは・・・
アイドルやタレントとお近づきになりハートを射止めるのは難しいということではない。
例えばアニメや漫画のキャラのようなものだと思ってよいと思う。
実際テレビの中の存在であり、ステージの上の存在であるから、
触れられるどころか会話を交わせる存在ですらないのだ。
握手会というのも、いわばフィギュアに触れるようなものだと考えている。
なぜなら彼女たちは仕事で握手しているのであって、そこに特別な感情はないからだ。
むろん、応援してくれてありがとうという気持ちはあるのだと思う。
しかしそれは「ファンに対して」であり、
特定の人に特別な感情をもって手を握っているのとは全く異なる。

---- 頭を丸めたことについて ----

他の人に相談する前に行動したのは英断だったと思う。
もし「処分待ち」になったらAKB追放も有り得たんではなかろうか。わかんないけど。
罰を受ける前に自分を罰した、それにより「AKBに残らせてくれ」と嘆願することができた。
もし頭を丸める前に事務所へ行き「処罰は受けますからAKBに残らせてください」
と言っても通らなかったと思う。
その結果かは分からないけど、辛うじて「研修生」としてAKBに残ることができた。
こういう言い方をしてはいけないだろうけど、話題性があるから、今後の出番には
困らないのではないかと思う。ただ、すぐ仕事復帰というのはどうなんだろう。
聞いた話だと、近々握手会にも参加するらしい。
髪型もそうだけど、何ヶ月か自粛したほうがいいんではなかろうか・・・?
気持ちの整理ついてんだろうか。

男のほうには処罰は(今のところ、薙が知る範囲では)無い。当然だと思う。
AKBには恋愛禁止が課せられていても、世界の男たちには
AKBメンバーと付き合ってはならないというルールはないのだから。

---- で結局どっちからなのよ? ----

しかし個人的に許せないのは相手の男だ。
まさか恋愛禁止を知らなかったわけではあるまいし、彼女があれだけ反省してまで
AKBに残りたいと話したのだから「アイドルやめてあなたと付き合うわ!」と
言われたわけでもないと思う。つまり、この女と付き合ってはいけないとわかっていたはずだ。
この男は、誰もが手の届かない高値にある花、
それも立入禁止の札付きの花を摘んでしまったのだ。
仮に男のほうから彼女へ巧みな話術と甘いルックスで近づき
誘惑したのだとしたら避難されても仕方ないんではなかろうか。
恋愛禁止ルールを破って罰を受けるのは彼女なんだから、
つまり未成年に酒を勧めるようなもんでない?

・・・むろん、もし彼女のほうからアプローチを受けて断れなかったという可能性もある。
日本一のアイドルから「お願いします、私と付き合ってくださいv」って言われたら
断れる男はそうそういないだろう。
なぜ恋愛禁止と知っていて断れないのか?
それは恋愛じゃないからである。
本当にそれが恋であり愛だったのなら、
好きな女の人生をめちゃくちゃにするはずはないのだ。
男がバカで事の重大さを知らずにやったことならともかく。
女が自分のせいで丸坊主になって泣いてるのを見て、彼女を愛する男は何を思うのか。

片思いだって恋愛だし、彼女が一方的に片思いして暴走して、見つかって
後悔したというのが真相で、男は恋愛感情などさらさらなかったのかもしれない。
「あ、何、俺に惚れたの?恋愛禁止らしいけどまぁ
 別に俺こいつのこと好きじゃないしどうなってもいいや」
くらいの気持ちだったのかも知れない。
この場合は彼女が恋愛禁止を自覚していながら暴走したのが悪いのだけど、
アイドルに一方的に好かれて都合のいい女にして責任も女に取らせた形になるわけで
それはそれで男として許されざるなぁという感じ。

要するに、男として、彼女のことが好きだったのならなぜ止めなかったのかということだ。
好きでなかったのなら、あれだ、爆発しろ。
いや、こんなこと書いてもし本当に爆発物が送られたりして薙のせいにされても困るけど。
謝罪動画でも「私が全部悪い」と言っているから男にお咎めはないのかもしれないけど
なんだか腑に落ちないものがあるなぁ。
体罰について思うこと

体罰を受けた生徒が自殺するという事件がありましたね。
ニュース番組などで体罰をどう考えるかという話題も出ていたので
薙なりに考えをまとめてみようと思う。

まずはじめに賛成か反対かということだけども
「どんな理由があろうとも生徒に手を上げるのは許されない」
というのを反対派だとするなら、薙は賛成派になる。

もちろん条件がある。
大きく分けて2つのパターン。

1つは双方に信頼関係があること。
つまり、生徒が「自分にためにやってくれているんだ」と理解できる関係であること。
使い古された言葉だけど、いわゆる「時に厳しく時に優しく」というやつだ。
お互いの人間関係が成立していないのに殴って言うことを聞かせるのは
主人が奴隷を鞭打って働かせることとそう変わり無い。
特に運動をする部活動では体罰指導が多いと聞いたけど、まさに
競馬馬に鞭打って走らせるようなものではないか。

もう1つは体罰に正当な理由があること。
ここは体罰の内容と理由、体罰を受ける側の性格など多様な要素が関わるので
はっきりしたことはいえないけど分かりやすい判断材料として
体罰を受けた生徒が、体罰を受けた理由を話せるかどうかというのを考えた。

例えば、長距離走の途中でへばったから殴って走らせたという場合。
生徒は「体力の限界で辛かったのに、殴られて走らされた」といえる。
教師が非難されても仕方ない。

では、部活の練習をサボって友達とタバコを吸ってたのを見つかって殴られた場合。
生徒は殴られた理由を、胸を張って言えるだろうか?
いや言えはしない。

しかし上の長距離走の例でも、問題にならない場合もある。
それが、最初のお互いに信頼関係ができているという条件だ。
もちろん、もし生徒に「暴力を振るわれて無理やり運動させられた」と言われたら
体罰の正当性は主張しにくいものとなる、というリスクはある。
しかし生徒はそんなことは言わない、それが信頼関係というものだと思う。

生徒を自殺させた教師は、生徒との信頼関係が足りていなかったのではないか?
信頼関係がしっかりしていたところで「運動がしっかりできてなかったから殴られた」
と主張されたら非難されても仕方ないというのは前述の通りだけど、
問題には発展しにくかったはずだ。
生徒との信頼関係がしっかりしていて生徒のために行った体罰であれば
体罰を受けた生徒が「不当な体罰を受けた」と主張しても、
他の生徒や教師からフォローが受けられそうな気もするし。

まとめ:教師による生徒への体罰が正当化されるパターン

1つは人として許されざることをしているなど、誰の目から見ても
明らかに生徒が悪いと分かるシチュエーション。
もう1つはお互いに信頼関係ができており、生徒が体罰を受ける理由を
理解も納得もできているシチュエーション。

ちなみに、その体罰の内容についてだけども。
上の、体罰が正当化される状況において
「これに当てはまれば何してもいいの?」
と間の抜けた意見はご遠慮願おう。
薙としては、体罰なんて平手打ち一発で十分。
二発以上は余分(過剰な暴力になる危険が高い)と考える。
むろん、物を投げつけたり、タバコの火を押し付けたり、
みんなの前で服を脱がされて裸で座らされたり、
スカートの中に手を入れられたり、ちんこ出してあれこれしたりなどもってのほか。
なぜ思想を書けないのか。

ほーりっくができてから2011年7月1日までの7年間、誇張でなく毎日書かれてきた思想が
思想5に移った2012年6月からは月1回の更新もされなくなった。
それはなぜか。
何も考えていないからである。

何というか、考える機会が減った気がする。
何か書こうと思っても書くものが無い。
きっとネタはそこらじゅうにあるはずなのに、それをネタと認識できない。
身の回りのものへの興味がとことん薄らいだということだろうか。


れす

>2012/10/28 5:32

・・・・すごい時間だ。

D4真が起き上がりの無敵時間を利用して行動してしまうとのことですが、
薙のほうでは確認が出来ませんでした。
真の起き上がり動作について調べてみましたが、
「起き上がりはその場、後退、前進の3種類と、
 上段蹴り、足払い、寝たままキックの3種類、合計6種類ある」
「攻撃しないほうの起き上がり3種には無敵の記述がない。
 その場起き上がりには途中まで喰らい判定が無いので攻撃を受けないが
 前進・後退起き上がりは最中に攻撃を受けてしまう」
「起き上がり攻撃3種には、0F目から12F無敵を付与する。
 12F以内に動作が完了するものはなく、上段蹴りと脚払いは攻撃前に無敵が切れる。
 寝たままキックは発生11Fで無敵のまま攻撃できるが、
 そもそも22F目くらいまで喰らい判定が無い」
といった感じでした。

起き上がり攻撃の無敵が「12F目まで無敵」ではなく「0F目から12F無敵」という
書き方なので、もしこの起き上がり攻撃を何らかの理由で攻撃前にキャンセルして
行動できれば12F以下の無敵を別の行動に付与することが出来ます。
その場合は薙のAIの記述ミスなのですが、しばらく真を戦わせてみたものの
起き上がり攻撃を繰り出す前に別の行動をしてしまう現象は発見できませんでした。

それらしい現象があるとすれば、起き上がり攻撃から10連コンボに繋ぐことでしょうか。
10連コンボは「空中以外の攻撃が当たった」という条件でキャンセルして出せます。
「空中以外の攻撃」は、起き上がり攻撃も含まれているので、ゲージがあるときに
起き上がり攻撃がヒットすると高確率で10連コンボに繋ぐはずです。
10連コンボ中は真は無敵になります。

あとは・・・風神ステップ(頭を低くして前進する)は、動作中 完全無敵です。
連発すれば全画面攻撃なんかも回避できるはずです。

これくらいですかね・・・書き方から察するに
「見てすぐ分かるくらいの長時間、喰らい判定が水色の状態で行動している」
ということだと思うんですが・・・
いや一応、起き上がり攻撃の無敵時間が12Fしかないのも調べているので、
起き上がりにPAUSEをかけながら僅かでも他の行動に無敵がついていないか
調べはしましたけども。しかし「たまに」とあるので何十戦もしないと見られないのか、
はたまた相手によって出たり出なかったりするのかという可能性もあります。

もう少し詳しい状況(無敵状態でどんな行動をするか、どれくらい無敵でいるのか、
相手は誰なのか、AIレベルはいくつか、どのくらいの頻度で発生するのか)が
分かれば改めて調べてみようと思いますが、現状では、分からないといったところですね。

ただ、一応、「12F無敵を付与」という書き方はあまりよくないとどこかで見た気がするので
「12Fまで無敵を付与」という書き方に直す提案をふうりん氏にしてみようと思います。
ご意見ありがとうございます。

----

なぜかキャストは笑顔にすると目が見開いてしまうんだよねぇ。
あなたのゲームは最強にばかりこだわっていませんか?

近頃のゲーマーはキャラクターの成長や強力な装備の収集、操作の上達ばかりに
固執するユーザが多いように感じる。この理由にはゲーム脳が絡んでいるのでは
ないかと考えている。

ゲーム脳とは、ゲームで人を殺しているうちに、現実に人を殺すことに問題を
感じなくなったなどといったことを指すのではない。もっと幅広い意味で、あらゆることが
ゲーム化している。もちろん、車の運転をレースゲームに見立てたり、格闘ゲーム気分で
人を殴るなども、狭い意味でのゲーム脳の結果のひとつにすぎない。

ゲームとは、決められたルールの中でどう行動するかを楽しむものである。
これはテレビゲームに限らない。実際に存在する競技のほぼ全ては定められた道具と
限られたルールの中で行われる。

しかし、テレビゲームについてとりわけ特徴的なことは、定められたルールの多さに反して
禁止事項は非常に少ないということだ。禁止事項はオンラインゲームなどを除き、
無いといっても過言ではない。

例えばRPGで町の中を探索する。
キャラクターを上下左右に動かし、町人と会話をし、オブジェを調べる、などの目的で
キャラを操作するが、禁止事項は一切ない。他人のタンスを調べてはいけない、
店のカウンターに入ってはいけない、歩行者の妨げになってはいけない、など。
町の中で攻撃魔法を使ってはいけないというのは禁止事項のように見えるが、これは
ルールに含まれる。なぜなら、使いたくても使えないからだ。

ゲーム脳には無意識にこれが刷り込まれている。
つまり、ルールに従っていれば何をしてもよいと考えがちになる。例えば
壁の汚れを指さしてこれを擦って落としてくれと頼む。それを言われたある人間は、
鉄製のブラシで力の限り擦り汚れを壁紙ごと削り落とす。壁を傷つけるような道具を
使ってはいけないとか、壁を傷つけてはいけないというルールは示されなかったから
「壁の汚れを削り落とす」ことにのみ徹底する。まるで、部屋のハエを殺せと言われて
家ごと爆破するロボットのようだ。
これはどちらも、ダメとは言われてないから、ということになる。

逆に、ゲーム脳はルールを破ることを必要以上に嫌う。
お客さん1組につきあめ玉を1つサービスするイベントをするとき、仮に家族連れで
子供が2人いてあめ玉の取り合いで喧嘩になろうが泣きわめこうが、1組1つという
ルールを頑なに守り通そうとする。機転をきかせて2つ渡すというのはゲーム脳が
苦手とすることだ。

さて、この「与えられた目的に対して、ルールは徹底して守るが、それ以外のことは
手段を選ばない」という特徴から、薙が予想していることがある。
ゲームには目的がある。
プレイヤーは、何をすべきかを考える必要がなく、与えられた目的にそって
プレーを進めればいい。これに慣れきってしまっているので、明確な目的を
与えられなかった場合、つまり何をしてもいいというときに何もできないのだ。
例えばゲーム脳の場合、草原や海岸、森林やグラウンドなどに連れていかれ
「自由に遊んでいいよ」と言われても何もできない。携帯ゲームを取り出すか、
それもないなら人混みから離れたベンチで何もせず時間が過ぎるのを待つだろう。
自分で遊び方を見つけるのが苦手で、明確な遊び方を与えられないと遊べないのだ。

ここでようやく話が冒頭と繋がる。

ゲームにおいてキャラクターを強くしたり、操作を上達したりするのは最も分かりやすく
示された目的である。ゲーム脳は、その目的に対してはあらゆる手段も時間も努力も
惜しまない。キャラクターを強くするために効率のよい戦い方を研究し、時には金を使って
強力なアイテムを手に入れ、延々と同じ敵と戦い続ける。操作の上達のために
攻略サイトを調べあげ、上級者に教えを乞う。
その一方で、それ以外の遊び方には興味を示さない。
ストーリーの内容やキャラクターの設定などは特にないがしろにされやすい。
縛りプレーというものがある。
特定の操作を禁止したりして、あえて攻略を難しくする遊び方だ。単に最強の状態を
目指すのとは違った遊び方だが、これもやや狭い視野での遊び方のように感じる。

例えば、新しく覚えた技を初めて使う時というのは気分が高揚するはずだ。これも立派な
ゲームの楽しみ方の1つだ。他にも、好きなキャラクターがいれば、単にストーリーを
追うだけに留まらず、このキャラはこのときどう考えたんだろう、など感情移入しやすい。
また、そのキャラクターのイラストを描いたり…描けなくても他の人のイラストを鑑賞したり
グッズを集めたりといった楽しみ方も生まれる。ゲームは操作していないが、
ゲームによって生まれた立派な楽しみ方の1つだ。
少なくとも、強さと上達にしか目的を見いだせず延々と同じ作業を続けるよりずっと、
ゲームを楽しんでいると言えないだろうか。

つまり、薙にはどうも
「ゲーム脳の人ほどゲームを楽しむのが下手」であるように思えるのだ。



なんだかうまくいきましたねっ!

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索