忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

薙の作ったキャラが採用された最近の動画



クアアナザースタイル7P
タンホイザー7P
赤座あかり(薙AI)
が登場しています。

珍しい人選です。
比較的、動画で扱われていないキャラが採用されたのかしら。
薙はやはりメインキャラなので各所で採用されているし、
こんがらは狂クラスの動画での活躍が多かったし。
しかし、めいぷる薙は不人気なのに採用されていない。
やはりスプライトが少ないからしょっぱく見えるのかな~;




マイナーキャラということでめいぷる薙10Pが登場。
以前オープニングを見て登場していることは知っていたんだけど
今改めて見直して、OPのどこに登場しているのか探すのに30分かかった
(11分の動画なのに)。どうでもいいね。
あと、赤座あかりも登場してますがAIは薙のものかマック主氏のものか不明。
ランク差がかなりありそうな大会なので、うまいこと互角の相手と戦いたいところ。

ちなみに、上記のオープニングは画質と演出に難があり文字が見にくく、
Part1では謎の超低音質でセリフすら聞き取れないほどでしたが、
Part2で劇的に改善したので、ご覧になってみて下さいまし。




狂クラスの大会が好きな方なら避けては通れません。
ぜひ見ましょう。
凶~狂下位が確か500キャラ以上登場しています。
自作サイドからは
D4薙8P、めいぷる薙8P、穴こん8P、穴クア8P、タンホイザー7P、
ミスターシタン12Pと、赤座あかりが薙AIで採用されています。
前大会と違い少しランクが下がって凶クラスも多めになっているとのことで
あかりをリクエストしました。このメンバーの中でどれほど戦えるか期待。

ところでタンホイザーだけ7Pカラーですが、これは
「タンホイザーは強くしよう」という薙の調整により、
D4薙、めいぷる薙、穴こん、穴クアと比べると半ランクほど強くなっているためです。
ただタンホイザー7Pは防御性能に難があるんですよね。
攻撃性能(というか必殺技の性能)は凶キャラらしくなっているのですが
防御性能はノーマルカラーと全く変わっていないのです。
なので「タンホイザーの攻撃性能に見合う相手」と戦った場合、
タンホイザーは防御力不足でわりとあっさりやられちゃいやすいんですよね。
アーマーはあるんですが、発動前にやられやすいです。
このへん少し調整しようかなぁ。




狂中位~上位の大会を多く開かれている方の動画です。
とりあえず自作キャラは全員リクエストしましたが、今回は
D4薙10P、こんがら穴10Pの2キャラが参戦しました。

D4薙について性能をまとめておきたいのですが、
尺が無いので今回は動画の紹介だけといたしましょう。
PR
無茶?無謀?MUGENオリジナルキャラで成長+タッグ大会その6

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19802345

ファルコ・ラ・パッショーネとタンホイザーが登場しました。

ファルコはちょっと簡易AIっぽい動きなので、そのうちもっと堅実な動きにしようかなと
思っているんだけどつい忘れがちになってしまうんですよね。
でもこのAIタッグだとわりと活躍するほうかもしれない。
ボディプレスが攻撃開始まで完全無敵なので、相手をかく乱できるし、何より
シングルでは当たりにくくても、タッグなら相手のどちらかだけでも当たる確率が増す。
必殺技のくせに3割近く減ったりするので、なかなか強力。
薙が今公開しているどのAI・キャラよりもガン攻め志向なので生き残りにくい、
すなわち成長しにくいのが弱点かもしれない。

一方、パートナーの景子は、薙はあまり詳しくは性能を把握していないんです。
特殊ルール積んでるオリキャラは実際ダウンロードしないと分からないよね;
ただ、性能のいいLife回復を備えているということは分かる。
あと基本性能はあまり高くないイメージ。

さてタンホイザーは表カラーの時点で凶の香りを感じるキャラですが。
タッグだと困ったことになるんです。
タンホイザーの技の一部が味方にもヒットするようになっているので。

ちなみに、最近の更新で2ゲージ版の「ぶん殴る」の性能が弱体化されています。
具体的には、飛び道具を一発しか跳ね返せなくなりました。
この技は、発動中に飛び道具を受けるとダメージ250(50x5ヒット)の弾にして
打ち返すという特性があるのですが、今まではこの特性が技が終了するまで
持続していたんです。つまり、飛び道具がたくさん飛んできたら、その数だけ
ダメージ250の飛び道具を発射できるんです。
こんがらの弾幕なんか20発くらいは軽く発射しますから。
それ全部跳ね返したらダメージ5000ですよ。

というわけで、ちょっとだけ性能が落ち着いたタンホイザーにご期待下さい。

ところでパートナーは花菜七そめたというキャラです。
勉強不足で申し訳ないけどこのキャラも性能がよく分かっていないんだ~ごめんね~
ただ1つ言えることは、このキャラはタンホイザーに殺されるだろうということだ。ごめんね~
【MUGEN】 狂中位~上位チーム対抗戦 part24

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19801457
【MUGEN】 狂中位~上位チーム対抗戦 part24

こんがらアナザースタイル10Pが2回も登場しました。
この大会は狂中位と上位が「チームで」戦う方式です。

こんがら10Pは狂中位なので、よしんば相手の狂中位に勝ったとしても
次の相手は狂上位なので十中八九負けてかませっぽくなっちゃうのですが
それでも必死に頑張ってます。

ちなみにこんがらと組んでいる狂上位はJadoです。
このJadoは強化パッチをつけているのでデフォルトのものより強いのですが
強化パッチといっても、技のダメージを水増ししたり、即死攻撃が追加されたり
というわけではなく、むしろAIパッチに近いものです。
性能を最大限に引き出すためのものというイメージ。
元々が狂中位なので、攻撃性能が少々心もとない。
一応薙なりにテストをして、狂中位にはほとんど負けないし
狂上位ともちゃんと渡り合えていたのでリクエストして採用されたわけだけど。
あまり強くない気がするな~
MUGEN】第3回嫁トナメオープニング【トーナメント】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19791328
MUGEN】第3回嫁トナメオープニング【トーナメント】

参加者(の代理キャラ)と、参加者の嫁がタッグでバトル!!
薙も参加しています。
D4薙とADS2ndのタッグです。
キャラ選択の経緯はここを参照。
http://holicsisou.blog.shinobi.jp/Entry/22/

更新速度はあまり早くはないとのことですが、何しろADSですからね。
性能面では出場メンバーの中で一番特殊なものになったと思います。
というか男とも女とも分からないキャラを嫁にしたの薙くらいだったんじゃないか。
ナインボールとかいたと思うけど・・・

あと今更だけど、このMUGEN動画紹介の思想は、薙が公開しているキャラが
登場した動画全部を紹介しているわけではないから気をつけてね。
【MUGEN】 神速久那妓ファンクラブの会 パート28 【狂下位・中位】
【MUGEN】狂乱の宴(68夜)【狂下位前後トーナメント】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19789025
神速久那妓ファンクラブの会 パート28 【狂下位・中位】

こんがら10Pカラー参戦。
コメントを見ていると、この大会ではかなり強い方に位置すると思われているようです。
そしてそれはたぶん事実です。

このカラーは狂中位を相手に性能を調整しましたが、これはつまり、
「狂中位を倒せるような」性能ということです。
恐らく狂下位で倒すことは難しいでしょう。

こんがら10Pカラーについて性能をざっくりおさらい。

ゲージが3本あるとき攻撃を喰らうと、1ゲージを消費して喰らい抜け
(その際、本来喰らうはずだったダメージの5割を回復)。
喰らったダメージを5割にカット。
攻撃を喰らうとゲージが大きく回復。
攻撃を行うと分身が出現する(1体まで)。

他にもあるんだけど、これだけ知っておけばだいたい分かるかなと。

つまり、こんがらをコンボで倒すのはほぼ不可能です。喰らい抜けがあるので。
防御性能に関してはかなり高いと思います。

ただ攻撃性能はあまり高くないです。
「即死級の攻撃力があるくせに何を言うか」
と思われるかもしれませんが。「火力」はあるんです。
ただ、それを当てられるかが問題で。
攻撃時分身が出現するというのはなかなか強力です。
player判定のhelperなので、相手の攻撃に対するデコイとしても役立ちます。

しかし、本体はもちろんのこと、分身も、無敵がほとんど無いのです。
ほいほい喰らい抜けするので無敵だらけに見えますが、無敵は出現と同時に切れます。
また、攻撃判定が発生するまで無敵が持続する技をこんがらはほとんど持っていません
(きくり召還と、3ゲージ当身の煩悩即菩提だけ)。

つまり、長い無敵時間のあるキャラや常時攻撃判定が発生するキャラに対して
攻撃を当てることが非常に難しいキャラであります。
なので、狂中位ではかませになりがちな神ベガに対してもさほど有利ではなかったりします。

それともう1つ、防御性能にも弱点があります。
投げ対策が無いのです。
なので、ゴンザレスやジェネラルに対してはかなり不利です。

各所で好成績を残しているこんがらですが、穴もあるということですね。

でもまぁ「狂下位~中位」においては強いほうなのは事実でしょう。
薙としては活躍してくれているから嬉しいのだけど、ランクをあわせるなら
9Pカラーのほうがあっていた・・・かもしれない?
でもまぁ「この強敵を倒せるキャラはいるのか?」という視点で見るのも面白いですしね。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm19791599
【MUGEN】狂乱の宴(68夜)【狂下位前後トーナメント】

こちらも、こんがらです。8Pカラーで出てますね。こんがら頑張ってるな~。
残念ながらD4薙とタンホイザーは1回戦で負けてしまったので期待が高まります。

相手はアイシャ。
なんか永久っぽいループコンボが強力なキャラですね。
しかし、こんがらには地上コンボが効き難い理由があります。
空中に浮いている挙動を再現するため、摩擦を設定する数値を低くしてあるんです。
つまり、こんがらに地上コンボを狙うと、ノックバック距離が大きくなります。
これでアイシャのコンボが入りにくくなるのではなかろうか?

ただ8Pカラーには喰らい抜けが一切ないので、
無敵時間のない攻撃をどうにかして一発当てなくてはならない。
あるいは上記の通り3ゲージ当身などを使えばなんとかなるかもしれない。

しかし3ゲージ当身ちょっと強すぎるかなぁ。
性能自体は強化してなくて、ただコンボ補正を切っただけなんだけど。
カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索