忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
なんとなく目が覚めたら哀しい気持ちになった夢

薙は学校で授業を受けていた。
高校の担任が講義してたのだけど、その時薙はなぜか、
水筒の蓋が割れて欠けたことをひどく気にしていて授業に集中できていなかった。
程なくして突然先生が烈火のごとく怒りだし授業もほっぽりだして薙を叱りはじめた。
それは授業時間が終わってからも続いたので廊下に連れ出され
職員室にいくまでひたすら怒られた。
次の授業までには終わったので、薙は先生に感謝して
「ありがとうございました」と頭を下げたら先生はたいへん満足したようだった。

教室に戻ると、ある女子がお菓子を大量にもってきていて、それを
クラスのみんなに分けようというわけで、遊びも兼ねてくじ引きで分配することになった。
ハズレで飴玉、中当たりがいくつかあって、大当りはたくさんお菓子が入った袋だった。
席順に蛇行しながらくじを引いていく。薙は最後から2番目。
なかなか当たりが出ないまま薙の番になり、薙が引いたのは一等だった。
少し良い気分になり、中を見ると食べかけで袋の口をふさいだポテトチップスや、
半分以上なくなった、筒状の入れ物に入ったチョコなどだった。

お菓子を食べる間もなく次の授業が始まる。
外から呼ばれた先生で、割と歳をとった女の人、おそらくは化学の授業。
なんか黒板の書き方やまとめかたに癖があり、
あっちこっちに矢印で追記するのでノートを書きにくい。

最後まで書き終えてから書き写そうと考えた薙は暇だったので一度教室を出る。
なぜかはわからないけど階段にぽつんと置いてあった黒いランドセルを調べたが
完全に空で何もなかったので教室に戻る。

相変わらず見づらい黒板だったがだいぶ書き進められていたのでノートをとる。
その間、右隣の男子が手を挙げて何か質問していた。
質問と応答が終わったあと、薙はまだノートを書いてる途中だったけど黒板を消される。
隣の男子が「時間稼ぎしたんだけど無駄だったか」と言ってきた。

授業は終盤に差し掛かりまとめに移ったのだけど、先生が突然、絵を描きはじめた。
中ニ的デザインながらイラストレーターなみの腕前で、しかも
この世のものとは思えぬ早さとクオリティ。チョークなのに。おばさんなのに(?)。
黒板半分以上のサイズだったけど1分以内に描ききった。
余ったスペースに吹き出しで授業のまとめを書いていたけど誰もがイラストを称賛していた。

昼休み。
昼食をとる相手のいない薙は休憩室のような小部屋に向かった。
途中、小学生のころの友達にあったので挨拶したら、
こっちを見た瞬間「まじで!?まじで!?」と大袈裟に驚いていた。
どうやら薙の方から挨拶するのが珍しかったので驚いたらしい。

休憩室は絨毯に長テーブルが置いてあり、床に座って数人が
ご飯を食べていたので薙もその一角に座りご飯を食べはじめた。

何やらそこでは、いらなくなったフィギュア類を
格安で売り買いするような催しが行われていた。
ドラゴンボールのフィギュアが多かった気がするけど他にもいろいろカゴに入っていた。
ある一人が「薙ならほとんど持ってるんじゃない?」と言ってきたけど
薙は正直に「この2つしか持ってない」と答えたら「意外!」と驚かれた。

-おわり-

なんか知らないけど哀しい気持ちになる夢だった。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索