忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
薙の作ったキャラが採用された最近の動画



クアアナザースタイル7P
タンホイザー7P
赤座あかり(薙AI)
が登場しています。

珍しい人選です。
比較的、動画で扱われていないキャラが採用されたのかしら。
薙はやはりメインキャラなので各所で採用されているし、
こんがらは狂クラスの動画での活躍が多かったし。
しかし、めいぷる薙は不人気なのに採用されていない。
やはりスプライトが少ないからしょっぱく見えるのかな~;




マイナーキャラということでめいぷる薙10Pが登場。
以前オープニングを見て登場していることは知っていたんだけど
今改めて見直して、OPのどこに登場しているのか探すのに30分かかった
(11分の動画なのに)。どうでもいいね。
あと、赤座あかりも登場してますがAIは薙のものかマック主氏のものか不明。
ランク差がかなりありそうな大会なので、うまいこと互角の相手と戦いたいところ。

ちなみに、上記のオープニングは画質と演出に難があり文字が見にくく、
Part1では謎の超低音質でセリフすら聞き取れないほどでしたが、
Part2で劇的に改善したので、ご覧になってみて下さいまし。




狂クラスの大会が好きな方なら避けては通れません。
ぜひ見ましょう。
凶~狂下位が確か500キャラ以上登場しています。
自作サイドからは
D4薙8P、めいぷる薙8P、穴こん8P、穴クア8P、タンホイザー7P、
ミスターシタン12Pと、赤座あかりが薙AIで採用されています。
前大会と違い少しランクが下がって凶クラスも多めになっているとのことで
あかりをリクエストしました。このメンバーの中でどれほど戦えるか期待。

ところでタンホイザーだけ7Pカラーですが、これは
「タンホイザーは強くしよう」という薙の調整により、
D4薙、めいぷる薙、穴こん、穴クアと比べると半ランクほど強くなっているためです。
ただタンホイザー7Pは防御性能に難があるんですよね。
攻撃性能(というか必殺技の性能)は凶キャラらしくなっているのですが
防御性能はノーマルカラーと全く変わっていないのです。
なので「タンホイザーの攻撃性能に見合う相手」と戦った場合、
タンホイザーは防御力不足でわりとあっさりやられちゃいやすいんですよね。
アーマーはあるんですが、発動前にやられやすいです。
このへん少し調整しようかなぁ。




狂中位~上位の大会を多く開かれている方の動画です。
とりあえず自作キャラは全員リクエストしましたが、今回は
D4薙10P、こんがら穴10Pの2キャラが参戦しました。

D4薙について性能をまとめておきたいのですが、
尺が無いので今回は動画の紹介だけといたしましょう。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索