忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

100人組み手~Marigold(HuBr)の場合

ワイヤードランスとガンスラッシュでどう立ち回るか?
はじめアザースピンによる集合・範囲攻撃が有効かと思われたけど、クライゼンシュラークのほうが圧倒的に効果的だった。
アザースピンにはいくつかの欠点があった。
・ギアがないと威力、範囲ともに半端
・ランスが刺さるまではアーマーがない
・目の前の敵に対処できない
・混戦だと意外と当たらない(高度不一致や意図しない敵のロックオンなど)

クライゼンシュラークは攻撃範囲、威力ともに優秀で、アーマーもあり、弱点にヒットしやすい性質はダーカーが多い構成とも相性が良かった。
アヌシザグリの札、イザオガルの角、マーダ・トカッタの鼻などアザースピンで壊すには少々手間なものもらくらく壊すことができ、雑魚戦は前半も後半もこれだけでほぼ対処できる。
多くのクラスで障害となりやすいオロタ・ビケッタもガンスラッシュなら豆鉄砲で顔を狙撃でき、スムーズに対処しやすい。
吹き飛ばしはあるが、吹き飛ぶような敵はだいたいそこで死んでいるので問題ない。

アンジャドゥリリに対してはクライゼンシュラークよりホールディングカレントが優秀。
正面からだろうと弱点に突き刺すことができ、そのまま怯ませて封殺できる。
ガルグリフォンも基本はホールディングカレントとなるが、脚を狙ってもすっぽ抜けるし、体を狙って削るにも3~4発は必要であるため飛ばれてしまいがち。
サーベラスダンスゼロで脚を折ってからカレントでトドメ、といった作戦が必要かもしれない。
PR
カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索