忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
Zorcさん作 泉こなた

AIを作成した薙が人様のキャラを偉そうに紹介する思想です。
なおAIは公開しません。
なぜ公開しないAIを作っているのかは分かる人には分かる。

数年前に人気を博したアニメ「らき★すた」のメインキャラクターの女の子こなた。
MUGENキャラとしては既にいくらか製作されており、
メルブラ風のシステムを搭載した手描きのもの(モーションは都古を元にしたものが多い)と
ゲーム「らき★ばと」の画像を使ったものが知られています。

今回紹介するのはそれらとは異なるもので、SNK風ともCAPCOM風ともとれる
中性的なドット絵のもので、最も頭身が高くなっています。
モーション元として、メルブラのさつきやストZEROのさくらなど
女子高生キャラを中心に使用しているようです。

弱中強xP・Kの6ボタン。
必殺技もスタンダードな性能のものが充実しており、
波動拳、昇竜拳、竜巻旋風脚に、移動攻撃のこなたキックを所持、
全て0.5ゲージでEX技として使用可能。
超必殺技も4種類と多めで、昇竜レッパ、神龍拳、真空竜巻旋風脚と、
このキャラで最も特徴的な「真空ガイルブーム」という
「上空から落ちてきたガイルを投げつける」変わった技も持っている。

バランスも非常によく取れており、これだけ豊富な技を持ちながら
際立って高性能すぎたり使えない技もない。
ただ全体的に高性能なキャラが多いMUGENにとってはいささか弱い部類かも。
特に、モーション中完全無敵の真空ガイルブームを除き、
必殺技・超必殺技ともに無敵が全く存在しないのが辛い。
また、弱攻撃も発生4F以下のものがないのも厳しいところ。

これらの欠点を踏まえると素早い相手に接近戦で固められると辛いが
投げ無敵は無いものの動作後7フレーム目まで無敵が持続する前転、
発生1Fの通常投げなど光る性能の技も持っており、詰むようなことはない。

コンボに関しては弱中強のチェーンコンボのほか、波動拳以外の必殺技の着地の隙を
昇竜拳などでキャンセルでき、昇竜拳の根元ヒットの瞬間を一部の
超必殺技でキャンセルできるなどプレイヤーの技量によって使えるコンボが増えていく。
頑張れば1ゲージ4割、2ゲージ6割程度の火力を出せる。

守勢に回った場合「無敵のない打撃を差し込むか」「投げ無敵のない前転で回避するか」
「空振りのリスクがあるが1F投げを狙うか」といった駆け引きが生まれ、
攻勢に回った場合は技量に応じたコンボを決める爽快感がある。
これらを踏まえて、非常に「プレイヤー操作していて面白いキャラ」だと感じた。

薙が発見した不具合としては
「竜巻旋風脚のあと、猶予1Fで立ち強Pが繋がり、永久コンボが可能」
「昇竜拳の入力がシビア(MUGEN本体同梱のKFMと同じCMDの記述順序の問題)」
「着地際を必殺技でキャンセルできる記述で、昇竜拳EXと真空竜巻旋風脚が
 記述の順序の関係で出せなくなっている」
などがあった。
しかし1つ目の問題は猶予1Fということで薙はあまり重大なものだとは思わないし
昇竜拳が出にくいのはエレクバイトさん自らも犯しているミスだし
3つ目の問題もある程度仕様として割り切れる部分もある。

このキャラクターは非常にバランスが取れているので、
プレイヤー操作用としてオススメしたいキャラです。
AIもかなりバランスよく立ち回るものができたので公開できないのが残念です。



れす
>2012/06/16 13:39
なるほど~そういうのもあるのかぁ
しかし相手のLife回復を判断する記述が薙に書けるだろうか・・・?
理論上こう書けばいいんだろうというのは分かるけど、
めいぷる薙のダメージ表示の記述に散々苦戦したトラウマはなかなか。
なんか薙の場合「時間がたつにつれだんだん火力が増加」で済ませそう。
相殺はいつかどこかで「MUGENでは再現が難しい」というのを見た気がするけど
実際どうなんだろう。結局、ある大会のリクエストに間に合わせるために
予定より早く公開開始したので10Pカラーの性能はまだ調整できてないので
これからまだ調整の余地ありですね。




波動拳がらき★ばとこなたに襲い掛かる。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索