忍者ブログ
薙が考えた事を考えもせずにつづるところです。
近々MUGENキャラを公開します

思想なんて誰も読んでないだろーけど、万一読んでくれている人がいたら嬉しいから、
その万一を現実のものとしてくれたあなたのために情報をそっと教えます。

ヒントワード「先生」「刀」「公式バランスブレイカー」

このキャラクターは薙が作ったものではなく、ある方が作成して配布していたものですが
その配布場所が閉鎖されてしまい入手できなくなってしまっていたのです。
また、外部AIも作られていましたが、そちらも閉鎖されています(ニコロダ)。
そしてこのキャラは改変、公開については自由と明記されていたので、
好きなキャラだし、うちで公開しよう…と思ったついでに、どうせなら薙がAIを作っておこう…
と思ったついでに、どうせだからちょっと改変してしまおう。

とまぁ、こういった経緯であります。

ただ、改変といっても、クアやこんがらのような「アナザースタイル」ではないです。
つまり、グラフィックだけを使った別キャラというのではなく、
基本性能はあまり変更せず、気になったところだけを手直ししていこうというところです。

たとえば、1段目がヒットすると連続攻撃を行う技がありますが、これは
キャラクターそのままの性能だと、距離によっては連続攻撃が途中で外れてしまったり
本体に喰らい判定があるので途中で中断されてしまったりということがありましたが、
これを全部当たるようにしたり本体を無敵にしたりといった感じです。

重要なのは、攻撃判定を広げたり、攻撃開始前に無敵をつけたりといった
「アッパー調整」はほとんど行っていないということです。
連続攻撃中に無敵がつくのは十分上方修正ではありますが、
必殺技がちゃんと最後まで当たるようにという最低限の調整ということで認識してます。
一部の技の最中に攻撃を喰らうと空中に立ってしまうバグや、
原作とは異なるボイスを喋っている技の修正、
原作で敵を浮かせる技だったものは浮かせるようにしたり、手直しが中心です。
あと特に力を入れたのは、超必殺技の演出ですね。
元キャラはエフェクトがあまりなく地味だったのですが
原作に似せて背景の色を変えたりすることでかなり納得いく技になりました。

早ければ2,3日以内に公開できるかも?
もう、あらかた改変もAI作成も終わっており、あとはテスト対戦を繰り返すだけです。

あ、ちなみに、今回のアレンジですが、configで
「改変前の性能に戻す」こともできます。
一応「配布先が閉鎖されてしまったキャラの代理公開」という趣旨もありますので。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索